<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【壷入り米線】大遅刻!

北京で働く友人と、「たまには一緒にご飯でも食べませんか?」と仕事の後にお約束。
ところが今日に限ってあっちからこっちから、仕事がどんどん降って来る。
片付けても片付けても終わらない。しかもあれもこれも急ぎの仕事ばかり。

お昼直前、これはやばい?と友人に「遅刻しちゃうかもしれないので、先に始めていてくださいね」と連絡。
お給料をいただく以上は、友人との会食よりはやはり期限付きの仕事が優先、とはいえ「遅刻宣言」をしたとはいえ時間を作ってもらった友人との会食ももちろん気になる。

こういう時ってまるでどこかで誰かが見ているかのように、お客様からの見積依頼も入ってきたりして、夕方になってますます仕事が・・・

「遅刻するかも宣言」は敢無く「遅刻宣言」に姿を変えるも友人は「気にせずいらしてください。先に始めて待ってますから」と。

トイレに行く間も惜しんで仕事をした結果、やっと「どうしても今日中に済ませておかなくてはならない」分を終了したのは8時半過ぎ。
も~~、大遅刻!!

9時、約束から2時間も遅れて到着したそのお店で、友人達は笑顔で迎えてくれました。ありがたい!!

a0069195_6423046.jpg・壷入り米線

大遅刻でたどり着いたお店は雲南省麗江料理のレストラン。
しかもラストオーダーギリギリの時間。
慌ててビールとお料理数品、そして雲南といえば・・・の米線をオーダー。

よく煮込まれた牛筋肉とともに壷に入って登場した米線。ピリッとした唐辛子とミントと、なかなか美味でございました。
[PR]
by lingyangnai | 2008-01-15 23:24 | お外ご飯

【大人のおもちゃ】いいお顔

前回の一時帰国の時には赤ん坊だったはずの姪っ子ひなた。
ドッグイヤー並みのスピードで成長していてからかって遊ぶのがなかなかに楽しい。

a0069195_18292653.jpg・いいお顔

「一緒に飛行機乗って北京に行く?」と尋ねれば
「いく~~」とのお返事。
いつぞやリーフにもしたように、
「ぢゃこの中に入ってごらん、連れて行ってあげるから」
スーツケースを指差せば素直にスーツケースの中に座り込む。
「じゃ、行こう行こう!」
スーツケースの蓋を閉めたら半泣きに(笑)

でもほとぼりが冷めれば
「ぎーた(ひな)、ちょっとはいってみよーかな」と。


ふふふ、ひなちゃん、入っても良いけれどスーツケースは貨物室だよ!!
しかも鍵かけちゃうんだよ~~

赤ん坊の頃、朝昇龍そっくりで「女の子なのに大丈夫か?」とおもったけれどそれなりになるもんだな~と妙なことに感心しつつ、おばちゃんは楽しませてもらいましたよ。

次回の一時帰国にはパンダのリュックでも買ってきてあげるから、それを担いで北京においで。
じーちゃんとばーちゃんがきっとつれてきてくれるよ。
[PR]
by lingyangnai | 2008-01-04 18:24 | 徒然なるままに

【シラス尽くし】本物3姉妹のランチ

今回の一時帰国は春節以来ほぼ1年ぶり。以前の職場にいた頃には年に2回平均で帰国していたことを考えればかなり「久しぶり」の帰国。
帰国前から妹達とせっせとメール交換をして帰国中には温泉に行こう、美味しいものを食べに行こうと約束していた。

たまにはコブ抜きでということで3姉妹&義弟でブランチに。

a0069195_189651.jpg・サザエときのこのホットサラダ
・シラスとキャベツのパスタ 雲丹とからすみのパスタ
・写真はないけれどシラスのピザも食べました~

実家は湘南の片隅(ってマンション広告を見ると横須賀のあたりまで「湘南」「南葉山」として売り出すようだけれど・・・・)、湘南へ来たからにはサザエとシラスは外せないでしょう~。

熱々ご飯に乗せて食べるシラスも絶品だけど、パスタやピザに使うシラスも美味♪

a0069195_1824565.jpg時折戻ってくる実家、実に実に食材に恵まれた場所なんだな~と感じます。

子供の時分、時折食卓に上るサザエのつぼ焼きはちっともありがたいと思わなかったけれど、今となってはなんとも惜しいことをしたと・・・。

きのこの柔らかい食感とサザエのコリコリとした食感、シラスの塩気と三浦春キャベツの甘味、こういうものの美味しさが分かる大人になれてよかったな~と実感するのです。


昼間からキリリと冷えた白ワイン片手に美味しいものを堪能したらお約束のデザートタイム。

a0069195_18174127.jpg北京とは比較にならないほど暖かい湘南のお正月、暖かい湘南だからこそお正月でもお外カフェが可能なのです。(とはいえストーブの近くのテーブルに陣取りましたが・・・)

うららかに降り注ぐ新春の太陽の下、海のきらめきを眺めながら楽しむコーヒーと北京ではお目にかかれないシンプルながらも美しいデザート。
とりわけ有名なカフェに出かけたわけでなくてもこういうものが楽しめる、やっぱり日本はいいな~と実感します。
[PR]
by lingyangnai | 2008-01-03 17:58 | お外ご飯