<   2006年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ミニ同窓会

今夜は99年秋、同じ時期に同じ大学に留学していた友人と会食。
傍から見れば彼女と私は全くタイプが異なると思うけれど、当時の留学仲間の中では貴重な
「日本でも働いた経験をもっている留学生」同士、今も数は少ないけれど折に触れメールをやり取りさせていただいている。

今夜は珍しく、何を食べるかを決めずに有楽町からぶらぶらと歩き、目にとまったところで食事をしましょう、と歩き出した。
銀座中央通が見えたあたりで目に入ったKIHACHI CHINA「中華だけどチョッと面白い」という話を友人に聞いた事を思い出し、こちらで食事をする事にした。

a0069195_20313084.jpg

・水蛸とエビのカルパッチョ
a0069195_2032422.jpg

・インゲンともやし・黄にらの柚子ねぎ胡椒炒め
a0069195_20324543.jpg

・エビのレモンマヨネーズソース
a0069195_2033562.jpg

・ビーフン
a0069195_20332369.jpg

・デザート(パンナコッタとタロイモのお汁粉)

お味は「何も無く不可も無く」といった感じだけれど、こういうお料理も「中華料理」になるのだな~と面白く感じた。
けっして中国では食べられない「日本風中華」。何事も自分達流にアレンジする事が得意な日本人らしい中華料理だった。

この後、品川へ移動し、品川プリンスホテル39F サウスバーへ。
ここにも共通の友人がアルバイトしていて、2年ぶりにお顔を拝見。ちょっとした「ミニ同窓会」を楽しませていただいた。

今目の前にいてくれる友人はありがたい、普段は目の前にいなくてもこうして顔を合わせた瞬間に当時に戻れる友人もありがたい。

Tちゃん、Kさん貴重なお時間をいただきありがとう。
Kさんは先輩にもよろしくお伝えくださいね。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-31 23:42 | お外ご飯

奥様公認デート

今日は北京で親しくお付き合いさせて戴いていた「さんなん殿」との「奥様公認デート」。
北京のでの思い出話や帰任後のお仕事の事などお話しながら加賀料理を銀座大志満でいただいた。

加賀名物「治部椀」の美味しさもさることながら、色々なものが少しずつきれいに盛り付けられて供される美しいお料理に、日本の食文化の繊細さを改めて感じた。
四季折々の美味しいものを様々な料理法で美味しく美しく食べさせる日本の食文化はやはり世界に誇ることのできる文化なのだと実感。

こういう上品なお料理をいただきながら写真を撮るのはあまりに無粋と言うもの。
と言うことで今夜はお料理の写真は無し。

美味しい和食を堪能した後、ダロワイヨブティックで美味しいコーヒーとケーキをいただいた。

それにしても銀座という街は世界の美味しいものが良く集まっている。
北京もそれなりに美味しいものがあるとは思うけれど、やはり当たり外れも大きいし、「平均点」の高さはまだまだ日本のそれには遠く及ばない。

日本へ一時帰国したら体重が増えるのは仕方が無いのかな?
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-30 23:36 | お外ご飯

家族揃って

一時帰国中唯一の週末、家族全員が揃って食事をした。
a0069195_0485553.jpg

・お刺身類を中心に家族の食卓

妹二人が結婚するごとに新しく家族が増え、更に数日後には妹が出産してまた家族が1人増える予定。病院で撮ってもらった写真を見るとチワワのようなお顔をしている。

留学を終え、生活の拠点がすっかり北京になってしまって以来、私の一時帰国期間中は家族が私の予定にあわせて「家族皆が集まる日」を作ってくれる。毎日毎日遊び歩いているけれど、今日はそんな「家族の食卓」の日。

お外ごはんのような華やかさはないかもしれないけれど、楽しいおしゃべりと記憶に刻まれた家庭の味、そして食卓を囲むみんなの様子を観察しつつ一番自分にとって優し(食べ物をくれ)そうな人のところへ駆け寄るお茶目犬のリーフがいる食卓は私にとっても大事な食卓。

お腹の中の「チワワちゃん」、早く出ておいでね。
皆で待ってるからね。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-29 23:50 | おうちご飯

7年ぶりの甘い再会

美味しいランチの後は食べすぎを重々承知ながら更にイル・ピーノでのティータイム。
元々奥様の勤務先でアルバイトをさせていただいたのがご縁でお付き合いが始まり、10年前にケーキ職人のご主人とお二人で始めたお店。
そう、ランチを堪能したカステッロでウェディングの際に、「僕がケーキを作ってあげるから」とおっしゃったのはここのご主人。

ご主人のお作りになるケーキはどれをとっても本当に美味しい。
a0069195_0191045.jpg

良い材料を使い、丁寧な仕事をしていらっしゃる事が私のような素人にもはっきりと分るケーキの数々のなかから「極上プリン」を戴いた。
やわやわトロトロのプリンも美味しいけれど、このプリンのように「濃い」プリンも美味しい。

「留学したい」から「留学しよう」に変わった頃にお目にかかったのが最後だったはずなので実に7年ぶりの再会。
この場所はお店の入れ替わりも激しくて、開店当初から変わらないのはお隣の郵便局だけだった。開店から10年、ケーキと数種類の焼き菓子で始めたお店の中は、今はアイスクリームや
コンフィチュール(ジャム)、デニッシュ生地のパンなど所狭しと並んでいた。

お二人のお元気なお顔を拝見できた事、ケーキのお味が変わっていなかった事、ご商売が益々順調な事、本当に嬉しい再会だった。

今夜は家族揃っての食事、その食事の最後に頂戴しようと家族の分のケーキも頂戴した。
1人住まいのアパートへ持ち帰っていた頃と違って一度に7個ものケーキを選べるというのに、
この7個を選び出すのに苦心した。

シェフ、ウェディングケーキよろしくね。
あとはお相手の男性だけ?
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-29 23:10 | お外スウィーツ

絶品イタリアンと特別プロジェクト

昨夜はTさん後夫婦のお宅にKさんご夫婦と供に宿泊。
夫婦2組と私の5人で楽しいおしゃべりを明け方まで楽しんだ。

同窓会会場から自宅まで、帰れない距離ではないし、帰れない時間でもなかったのにわざわざ泊めていただいた理由は二つ。おしゃべりを楽しむためと、本日のランチに美味しいものを食べるため。

今回、どうしても行きたかったお店、カステッロでランチ。
千葉県の、お世辞にも「都会」とはいえない場所で3,200円のランチは一見安いとはいえないお値段。でもお味もお店の雰囲気も本当に素晴らしい。
a0069195_234227.jpg

        ・アミューズ
a0069195_2339055.jpg

        ・自家製フォカッチャ
a0069195_23393010.jpg

        ・パスタ(オリーブとケイパーのトマトソース ヒヨコマメとズッキーニのリゾット)
a0069195_23405390.jpg

        ・メイン(地鶏の炭火焼)
a0069195_2341202.jpg

        ・デザート盛り合わせ 

お料理はどれをとっても本当に素晴らしい「作品」だった。
パスタの絶妙なアルデンテ具合、地鶏のジューシーな味わいは間違いなく記憶に残るお味。

カステッロOPEN前にいらした「カピサノ」時代のお料理も素晴らしかったけれど、オーナー・シェフになられて更に更にお料理が美味しくなった。

実はこの店、足を運んだのは今回が初めてではない。留学前まだ開店準備中だった頃に友人に連れてきてもらい、お店を拝見させていただいた事があった。そのときに冗談で、ケーキ職人の友人が私に言った。
「この広さのお店なら、充分にバンケットとして使えるから、あなたが結婚する時にはぜひここでパーティーをしたらいいよ。そうしたら僕がウェディングケーキを作ってあげるから」

今回私と一緒にTさん宅にお邪魔したKさんご夫妻は結婚半年の新婚さん。結婚式の思い出話とあいまって、私が結婚する事があればこの店を会場に!という話で盛り上がった。
そんな日が本当に来るのか、来るとしたならいつなのかは分らないけど、専属のウェディングプランナーだけは早々に決まったようだ。

本日のメインは5種類。他の4種類は・・・
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-29 22:48 | お外ご飯

日本のティータイムと同窓会

今日は早めのお昼を築地場内で。それはそれはそれはそれは美味しいお寿司だった・・・。
自分達も寒空の下30分以上並んで入店、後にはやはり同じように寒空の下待っている人たちがたくさんいる。こういうときにはとにかく早く切り上げるのがマナー。
写真は残念ながらお預け・・・

築地のお寿司、小さなカウンターだけのお店で色気はないけれど、お味のほうは本当に素晴らしいお寿司だった。
エビやホタテは瑞々しさも一際、やわらかいのに締りのあるその身は濃厚な甘味を湛えていて、
追先ほどまで命があった事を実感させる美味しさ。更にわさびと海苔のお味も北京のそれとは全く異なるじつに美味しいお寿司だった。

その後銀座へ移動してティータイム。
a0069195_2221543.jpg

盛り付けもきれいなら、コーヒーも美味しい。
オレンジリキュールの入ったコーヒーを選んだので、オレンジと相性の良いチョコレートのケーキを戴いた。

そして夜は本日のメイン。大学の日本語教師養成講座の同窓会に卒業以来初めて参加させていただいた。
a0069195_2242267.jpg

まんま 飯田橋店にて

こういう「居酒屋」に入ったのも数年ぶり、日本語教員としてのいろはをご教示くださった先生方とお目にかかったのも卒業以来。
在学途中に開講されたこのコース、今回の一番お若い参加者は昨年春の卒業だという。
お子さん連れで参加される方もあって、改めて自分がどのくらい年齢を重ねたのかを思い知らされた。

当時教えていただいた沢山のことが、現在の生活に直接役立つという事は少ないけれど、それでも、「外国人に日本語を教える経験」をされ、「外国人に日本語を教えるプロを養成」していらっしゃる先生方から得るものはやはり大きい。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-28 22:24 | お外スウィーツ

店長との甘いひと時

日本に帰ったら必ずお時間を頂戴する方がいる。一時帰国をしたらまず最初にご挨拶に伺うのは社会人デビューをさせていただいた職場(アパレルメーカーの売場)の店長。
たった2年強しか勤務しなかった私を今でも可愛がってくださるとてもありがたい人生の先輩である。

久し振りで店長とお目にかかって美味しいものを戴きながらいろいろなお話をさせていただいた。
a0069195_21225533.jpg

・季節のフルーツとブランマンジェ
・プーアール茶のプディング フルーツ添え

十数年も前ではあるけれど、当時の私を振り返ると今よりも更に頑固だったし、世間を全く知らないくせに、働くという事さえも知らなかったくせに、本当に本当に生意気だったな~と反省しきり。恐らく店長の年齢は現在の私の年齢と大差なかったのではないかと思う。バブルが弾けた後とは言え毎月数千万の売上目標が本社から送られてきて、店舗を任されて、私のような部下を教育しつつ売上を作らなければならなかった店長のプレッシャーはそれはそれは大変なものだったであろうということは想像に難くない。
今現在、私は当時の店長のように女性ばかりの部下を差配して、店舗一つを切り盛りする事はできるだろうか?想像しただけでも絶対に無理だ・・・。

この職場には「5つの心のエチケット」というものがある。
・「はい」という素直な心
・「すみません」という反省の心
・「おかげさまで」という謙虚な心
・「ありがとう」という感謝の心
・「私がします」という奉仕の心
勤務していた頃は正直なところ「バカらしい・・所詮は営業トークでしょ?」とへそ曲がりな事を思ったことも良くあったのに、今は私自身を戒めてくれる良き行動指針として手帳に書き留めている。何か上手く行かないことが降りかかる時、たいていはこの5つのエチケットの何かが足りない時でもある。

社会人1年生になるにあたり、こういう職場で、彼女のような上司と出会い、そして今も当時以上のお付き合いをさせていただける幸せを、美味しいスウィーツと一緒に堪能した。

店長、またお目にかからせてくださいね。
次回お目にかかるときにはもっと自信に溢れた元気な自分でお目にかかりたいと思います。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-27 21:25 | お外スウィーツ

本物の家常菜

北京空港で散々な目にあいながらもやっと帰国。
次々に発生する管理側のトラブルで離陸時間が迫ってしまったせいか、心配していた超過料金もなし。税関も無事通過。あ~、ホッとした。

今夜は本当の家常菜「さんじょ母バージョン」
a0069195_20393533.jpg

久し振りで母の味を口にして気づいた事。
この数年で自分の味付けが大分薄味になったのと、「野菜至上主義」になった事。

今夜の食卓も決して野菜が無い訳ではないけれど、「野菜です!!」と自己主張するものが
ないのは「さんじょの家常菜」とは異なるかもしれない。

「お袋の味」とは言いつつもやはり徐々に徐々に各々の味が出来ていくのだろうな~と実感
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-26 20:42 | おうちご飯

帰り方が分からない・・・

いよいよ明日は一時帰国。
早いとこ荷物は預けて身軽になって・・・と出来るだけ荷物はスーツケースにまとめて見たら
何と30キロ弱。マズイよ・・・このままじゃ超過料金取られちゃう。
一時帰国の荷物は全てといっていいくらいお土産だから、すぐにみんなに分けられるように自分で実家まで持ち帰りたい。

スーツケースを限りなく制限重量に近づけるということは手持ちの荷物を増やすということ。
ということは、日本へ到着してからは出来るだけ歩かない、尚且つ垂直移動はエレベーターかエスカレーターを利用したい。

最終目的地は神奈川の片田舎。これが本当に不便。NEXで横浜まで行って、そこからJRに乗り換えるのは同じホームだから問題なし。ところが実家の最寄の駅には垂直移動を助けてくれる「文明の利器」が全く無い。しかも私が到着できる時間帯、改札口のあるホーム入る電車がない・・・
ということは、最寄駅は利用不可。近所の駅でエスカレーターがあるところは?
記憶を手繰るのと同時に妹達に「○○駅はエスカレータだけを利用して駅前に出ることは可能?」と確認。

同時にその他の方法も検索。
成田からバスで横浜。横浜から京浜急行で最寄駅はどうだろう。JRの横浜駅にはエスカレーター有るけど、京急の駅構内でエスカレーターを見た覚えは無い。慌てて横浜駅構内の地図を探す。

こんなことをやっていたら間もなく1時!!
お昼も食べなくちゃ。

既に昼休みから戻ったスタッフにお願いして
「一番早く買えるハンバーガーを1つ」買ってきてもらった。
a0069195_14113140.jpg


海外旅行をする人達、皆さんやっぱり荷物は空港から送っているのかしら?
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-25 14:16 | 徒然なるままに

綺麗に片付きました

冷蔵庫の整理もやっと終了。無事綺麗に片付きました。
明日はお外ご飯の1日。

最後のお片づけは
a0069195_22285638.jpg

・おにぎり
・協和発酵の赤だし キャベツを入れて

冷蔵庫日本のポッチリ残っていたキャベツを軽く炒めて、赤だしの具に。
これまたほんのすこ~し残っていたお米を炊いて乾物をいろいろ入れておにぎりに。

協和発酵のスープシリーズ、インスタントにしては本当に美味しい。
今回初めて口にした赤だし、赤だし独特のかすかな渋味まであってビックリ。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-24 22:34 | おうちご飯