【うなぎの炊き込み御飯】超~ひさびさおうちご飯

おうちご飯、一体何時以来?
5月始めの連休中に親しい友人をお招きして「おうちご飯の会」を開催はしたけれど、「自分のためのおうちご飯」は一体何時が最後だったのかしら?思い出せないくらい間遠くなってしまっています・・・。

メーデーの連休明け、夜は連日会食の予定が入っていて自宅へまっすぐ帰ってきた日は片手でも余る程度。

ひさ~しぶりで自宅へまっすぐ帰るにしても冷蔵庫の中は調味料とお水程度。
さて、ご飯のおかずはどうしますか・・・。
近所のスーパーは軒並み野菜がダメダメ、ダメダメの中から強いて言えば一番鮮度のいい新光天地の地下スーパーへ。

何を見てもち~っともインスピレーションが湧かない。おうちご飯も間遠くなるとこんなにダメダメか~とため息混じりで売り場をあっちへこっちへウロウロ。
お!!!小さな小さなうなぎのパック。お値段も10元以下。久しぶりのおうちご飯、主食は土釜ご飯とだけは決めてあったのでこれを炊き込み御飯にすることに。

a0069195_11477.jpg・うなぎのご飯
・茎若芽のスープ
・春菊の黒酢炒め
・若芽の入った卵焼き
・蒸した里芋&柚子胡椒

キッチンから離れていた間にずいぶんと手際も悪くなったけれど、それでもやっぱりおうちご飯はホッとするね~。
こういう「粗食」っぽいものが嬉しいのね。
[PR]
by lingyangnai | 2007-05-25 22:54 | おうちご飯


<< 【四川料理あれこれ】送別会 【エスニックあれこれ】Team... >>