【卵チャーハン】雪の後の夏の風景

友人の北京旅行はあっという間に最終日、明日早朝には空港へ向かって出発。
せっかくの旅行だったのに雨に降られ、雨は昨夜半雪に変わり、朝には積雪5センチ強。
ね、ひょっとして雨女だった?
金曜日には晴れていて、今夜もしっかり満月が空に上っているのが見えていれば明日はきっと晴れ、つくづく気の毒だったな~。

ツアーやらなにやらで、これまで何度も北京には足を運んでいて、観光地めぐりをする必要が無いのが不幸中の幸い。この寒さで一日中お外観光はちょっと厳しいものね。

a0069195_0413691.jpg・卵チャーハン
・干扁四季豆
・宮爆鶏丁

最後の晩餐は四川料理。

雪の後のさむ~い屋外から暖房の効いた店内に入り、食事を始める頃には元宵節(春節明け最初の満月)の花火&爆竹が。日本では花火は夏と相場が決まっていることもあり、「なんだか窓の外だけを見てると夏みたいだね~」と。
確かに。でもね、夏の花火のように見えるということはつまり打ち上げ花火に近いということでしょう?日本なら資格を持った花火師さんが上げるけど、これらはみ~んな素人さんが上げてるんですね、しかも街中で。よ~く考えると結構危険、ホテルの前で彼女をタクシーから降ろそうとすればまさに爆竹をものすごい勢いで放っている最中。「危ないから絶対に近づかないでホテルまで帰ってね!」と。

夕食タイムが済んだからなのかなんなのか、自宅にもどってもテレビの音が聞こえないほど次々に爆竹やら花火やら。こうしてBlogを書いている今も「北京空爆中」と言いたくなるほどに爆竹の音が鳴り響いている。

明日の早朝にはホテルを出発する彼女、また明日からいつもどおり7時出勤をする私、お互いに眠れるといいね。
[PR]
by lingyangnai | 2007-03-04 23:36 | お外ご飯


<< 【串揚げあれこれ】送別会&打ち... 【上海料理】味付けはしましたか? >>