【麻辛牛肉米麺】面食い文化

今週もそろそろ終わりが見えてきて、ふとした時に「帰国準備をしなくちゃな~」と部屋の片隅に積み上げたお土産の山がきになるところ。

本日もお外deランチ。昨日に続き面料理のお店に。ランチタイム真っ只中でお店の中は店員とお客さんとでいっぱい。そんな中2人組みの女の子の前の席が空いているので「ここ、いい?」と許可をもらって席につく。とすぐに店員がやってきて「何にしますか?」

この店のいいところはテーブルのガラスの下に写真付のメニュー一覧が広げられていること。
しかも4人テーブルなら4枚、一人一人が選べるようになっている。
空席ということはメニューの上には何も乗っていない状態で、選択肢の全てを一目で見ることが出来る点。

携帯電話を受けつつ、メニューを指差し、お金を差し出せば注文OK!

a0069195_22101190.jpg・麻辛牛肉米麺
麺は麺でも小麦粉ではなくお米の粉で作った麺。
日本で売られているビーフンよりはずいぶんと太目。メニューに「麻辛」と有った割には辛さは控えめ、でも時々中国山椒が口に入ってピリピリっと来る。

自宅で食べる麺といえばパスタくらい、この2週間でずいぶんいろいろな麺を食べたような気がする。やっぱりメンクイなのかしらね。
[PR]
by lingyangnai | 2007-02-15 15:03 | お外ご飯


<< 【芋焼酎】チョコレートとも合うんです 【平打太麺】ランチ難民 >>