【火鍋】パイオニアという存在

本日同じ会社のWさんの送別会。彼女は自社が初めて現地で採用した日本人。
中国人と日本人、差別するということではなくそれぞれの背景にあわせて給与やら福利厚生が異なるのはあたりまえといえば当たり前、しかしながら彼女が入社した時にはその「枠組み」さえなかったはず。

きっとこれまでの数年間、想像もつかないような苦労があったのだろうな~と。

彼女が精一杯勤務をしてきてくれたおかげで今こうして私は仕事を得ている。
パイオニアの存在はありがたい。

a0069195_1253742.jpg・火鍋あれこれ
北京での勤務は残り3日。春節を北京で過ごし、月末に日本へ帰国するという。
残り半月あまりの北京生活、心残りのないように楽しんで帰国してね。
そしてまた何か機会を得て北京に来ることがあればぜひ声をかけてね。
[PR]
by lingyangnai | 2007-02-14 01:28 | お外ご飯


<< 【平打太麺】ランチ難民 【越南麺】数ヶ月ぶり? >>