今こそ頑張る、病は気から

月曜日、同僚のKさんはえらく調子が悪そうだった。咳もしているし聞けばお腹の調子も悪いという。更に寒気もとまらないと。
冬になってあちこちで風邪を引く人が続発する中、周囲の人たちがコンコンと咳をしつつも誰一人として手で口をふさがないことが気にはなっていたけれど、いい大人に「咳やくしゃみをするときには手で口をふさぎなさい」と注意するのも気が引けて、何も言わないまま今日まで来た。
もちろん外から帰ったら手を洗ってうがいをして、食事も出来るだけ野菜を食べてバランスよく。果物も積極的に食べるように心がけてはいたけれど、やっぱり貰うときには貰うのね。

昨日の午後は事務所で座っているのもつらいほどに体中が痛くて「熱が出ますよ~」と予告されている状態。病院へ出かけるもその時点ではまだ体温は37度以下、血圧も低いけれど正常の範囲内、脈拍も正常の範囲内ということでごくごく当たり前の風邪薬を渡された。

一方同僚Kさん、産業医の先生のお見立てによると「胃潰瘍の疑いアリ」ということで昨日の午後病院に行ったきり、経過観察のためとりあえず1晩は入院になったという。
この時点で、雨が降ろうと矢が降ろうと、熱があろうとなかろうと、自分自身は這ってでも出勤しなければならない。
なんと言っても自分達の部署で日本語がしゃべれるのは私達2名のみ。

昨夜は抗生物質、風邪薬、漢方の熱さましあれこれ飲んでとっととベッドへ。
ベッドの中であまりに体が痛いので試しに熱を測ってみれば36.8度。平熱が35度台の私から見ればこれは立派な発熱。ダメだ~と思ってまもなく眠ってしまった。

汗をかき、なんとも寝苦しくて体は自由が利かないけれど頭の芯は意識がある状態で「汗をかけば熱が下がるかな?」「この調子なら朝には熱が下がるかな?」「ダメダメ、手が布団の外に出ている」と考えつつ明け方まで。4時過ぎに時計を見た後はどうやらしっかり眠ったらしい。気づけば7時過ぎだった。

うん、どうやら熱は下がったみたい。
「みたい」なんていうと人のことみたいだけれど、こういうときには熱を測ってはいけない。
発熱していることが分かれば一気に力が抜けてしまうもの。

大丈夫、絶対に大丈夫。なんといっても「病は気から」
[PR]
by lingyangnai | 2007-01-24 07:35 | 徒然なるままに


<< 【スープマートカフェあれこれ】... 【チャーハン】風邪っぴき~ >>