【ポークチョップ】他人のご飯を食べる

ひさ~しぶりで留学生W君とのお食事。もともとは私自身が彼の住むエリアに出掛けるつもりだったのだけれど、予定していた「会いたい人」が日本へ帰国中ということで予定を変更してW君に私の生活圏まで足を運んでもらった。

起業を目指して頑張りたいというW君。
もちろんそれに反対するつもりは無い。ただ、一度は「他人のご飯」を食べる経験をしてもいいのでは?と話をした。

まだまだ私自身が「社会人のプロ」にはなりきれず、人にアドバイスが出来るような立場ではないのだけれど、今になってつくづく感じることは、社会人1年生になった頃に厳しく躾てくれた職場がどれほどありがたいかということ。
当時の上司から口を酸っぱくして教えられたのは「謙虚になること、感謝すること」

文字にすれば簡単なことだけれど、常にこういう気持ちでいることはとても難しい。
自分の労働を人様からいただくお金に換えるということ、これも「働く」という身の回りにあふれている言葉でいうほど簡単なことではない。

もし、本当に誰かにお給料を支払う立場になるのであれば、お給料を取ることの大変さを実感して、日本の社会がどういうところなのか、よくよく自分の目で見てから始めて欲しい。

a0069195_8433933.jpg・グランマのポークチョップ

たまには若~いお友達と食事もいいものだ。彼の「こういう店にきたらやっぱり肉ですよね」につられて久しぶりでお肉の塊。ハニーマスタードが美味しい♪

W君、反対する気持ちは全く無いのよ。私がお手伝いできることがあるのならいつでも喜んでお手伝いしますよ。お知らせくださいね。
お父様にもよろしくね。
[PR]
by lingyangnai | 2007-01-22 22:34 | お外ご飯


<< 【チャーハン】風邪っぴき~ 【お豆腐ハンバーグ】2人の自分 >>