【インゲンの生姜炒め】ご予算は?

昨夜の県人会で毎日の食事のことが話題になった。一般的に中国で暮らすと男性は痩せ、女性は太ると言われている。Iさんもこのところ「ずいぶんお痩せになりましたね」と言われるのだと言う、なんともうらやましい。「必要な時にはいつでも声をかけてください。ご入用なだけお熨斗もリボンもかけて私の肉をお届けします」と笑った。

ご本人曰く、「お昼ご飯が原因」だとのこと。聞けば忙しくてきちんとお昼を食べる時間が無いと。ふと隣に座っていたKさんに「お昼は何を召し上がってます?」とお尋ねすればやはりコンビニおにぎりが多いとのこと。すかさず「あのあたりは食べるところたくさん有るでしょう?」と質問が飛んできたけれど曰く「高いところばかりで・・・」

そうなのよね~。お昼ご飯を外で食べると1回30元から50元、お弁当のデリバリーを頼むと15元前後。でもお弁当にすると1週間分の野菜の購入代金が20元以下。しかもこの20元の中には自宅で食べる果物まで入っている。やっぱりお弁当は経済的。更に私の場合は1日のメインをお弁当にすることで何をどのくらい食べるか、ある程度コントロールしている。とはいえ、メインの理由はやっぱり経済的なことかな。

a0069195_851837.jpg・インゲンの生姜炒め
・ウィンナー炒め
・チンゲン菜のおひたし
・セロリとじゃこのピリカラ
・ミニトマト
・玄米入りご飯

1日のうちの1食くらいは野菜中心の食事があってもいいかなと。
[PR]
by lingyangnai | 2007-01-16 08:08 | お弁当


<< 【ピーマンのおひたし】森のような 【鶏団子鍋】千葉県人会 >>