【プロの和食】送別会

以前の職場でお世話になり、現在の職場でも引き続きお世話になっているSさんの送別会。
心の内では勝手に現実逃避を続けていて、今なお帰任なさるということが信じられない。
主賓のSさんだけでなく、長女と私も合わせてNさんがご招待くださるという、ありがたいお話。

a0069195_162867.jpga0069195_171768.jpga0069195_175585.jpg

・日本橋のT料理長のお正月の寿ぎがちりばめられた芸術的なお料理の数々
改めて日本という国の心配りの細やかさ、繊細な感覚、美しさを実感。

現地で採用されている自分達とは違い、日本から派遣されてきている方々にとってみれば「異動」は常につき物、「行け」と言われれば行くし、「帰って来い」と言われれば帰る。きっと当たり前のことなのだと思うけれど、これまで親しく公私に渡りお付き合いを戴いてきた方々が帰国されるのを見送るのは本当にさびしい。
今の自分に出来るのは北京と言う場所でご縁を得て、お目にかかることが出来、お付き合いを戴き、送別のテーブルをご一緒させていただくことに感謝すること。

Sさんのお人柄にふさわしく、豊富な話題に笑顔が絶えない送別の宴だった。
[PR]
by lingyangnai | 2007-01-09 01:20 | お外ご飯


<< 【生姜飴】ハンバーガーの集団購入 【ひじきご飯】やっぱりお弁当 >>