【和定食】季節の変わり目には注意

一昨日(23日)の午後から突然の胃痛。事務所のデスクに向かっているのも辛くなるほどの痛み・・・。でもなんだか去年もこんなことがあったような記憶が。
果たして昨年の今ごろの記事を探してみればやっぱり・・・。
どうやら季節が秋から冬に切り替わる頃に胃痛を起こすらしい。
木曜日は仕事を早々に切り上げ、顔を洗うのもそこそこにベッドにもぐりこみ、たっぷりすぎるほど眠り、昨日はプリン1個を口にしたのみ。体調とは裏腹に、この2週間ほど懸案になっていた問題が片付き、少しだけ軽くなった心で帰宅し、またまた早々にベッドに入った。

目覚ましのアラームをとめたままベッドに入ったこともあり、朝はのんびり。
久しぶりに空腹を感じ、週末の家事を片付けながら遅い遅い朝食の準備。油を使ったものはさすがに避けたほうが良いのではないかと冷凍庫を覗けば納豆がひとつ。
ひさ~しぶりの和定食。

a0069195_1612253.jpg・納豆
・金平ゴボウ
・きゅうりの生姜漬け
・お味噌汁
・五穀ご飯

今の生活、一日のメインの食事はお昼のお弁当。久しぶりで口にした柚子胡椒の入った納豆の美味しいこと。つくづく日本人だな~と感じるひと時。

寒くなり始める季節の胃痛、ひょっとしてこれってわたしにとっての年中行事なのかしら?
[PR]
by lingyangnai | 2006-11-25 16:06 | おうちご飯


<< 【中華あれこれ】靴より始めよ 【最後の唐揚】30分の差 >>