【干鍋】充実の週末

本日、長女夫妻の新居は以前お住まいだった方が置いていった家具の搬出。
これがまた半端ではない量で・・・。
初めて部屋を見に行った時には一体どうなるのかと心配したけれど、さすが長女。
インターネットで情報を提供し、欲しい人に名乗りをあげてもらったという。もともとはベッドが欲しいと言う話だったけれど結局は机やらサイドボードまで含め、ほとんどのものを持ち帰ってもらった。
搬出作業は午前9時から、お昼頃までかかるだろうということで炊き込み御飯のおにぎりを差し入れし、ほんの少しだけお手伝い。

その後ゴルフの練習を1時間ほど、昨日に続き大型ホームセンターに出掛けた。昨日はただ漠然と欲しいものと値段とを見てくるだけ。今日は午前中のうちに必要個所の採寸をして出掛けたので「この材料で、この大きさの扉を作ったら設置費用込みでいくらぐらいになるの?」の質問をすることが出来た。
人の話を最後まで聞かない売り場の人達とのやり取り、知りたい情報が得られるまでには平均して4回くらい質問をしないといけない。
更に更に、「お風呂場のタイルを」と言ったところで、このタイル売り場が尋常な広さではない。
もっと言うならば、建材に関する知識があるわけではないからそれぞれの値段の違いがどの程度の違いなのか、高いものを選んだ場合にどの程度のメリットがあるのかを判断するのは本当に難しい。

私はただくっついていって面白がっているだけで良いけれど、長女夫妻はある程度の期限までにある程度の予算の中で、必要なものを選び出し、あまた有る選択肢の中から自分達に適したものを選び出し、物によっては購入して内装業者に引き渡さないといけない。
これはかなりの苦労だと拝察する。長女夫妻ですらこうなのだからスケルトンのマンションを購入した人達の苦労は・・・。
選択肢が無いのも困るけれど、中国の内装のように選択肢がありすぎるというのもこれまた困りものなのだろうと第三者的な無責任さで思ったりする。

家具の搬出、ゴルフの練習、建材の下見と丸々2日、実に充実した週末だった。
お天気にもだいぶ見方をしてもらったし。

a0069195_0302981.jpg今週末最後の食事は長女夫妻と中華いろいろの中から
・干鍋茶樹菇

乾物になった茶樹菇を戻したものとたまねぎ、葉にんにく、唐辛子を少な目の油で煮ている
「水分の入っていない鍋」。茶樹菇の歯ざわりと風味が大変に美味。ビールも美味しいし食事も美味しいしと調子に乗って食べ過ぎてしまった。
長女夫妻、ご馳走様!
[PR]
by lingyangnai | 2006-10-30 00:40 | お外ご飯


<< 【かぼちゃの煮物】始まり始まり 【イタリアン】ワンダーランド >>