【偽カフェ・ラテ】中華料理の威力

本社勤務開始以来初めて他の部署の方とお昼を食べるチャンス、カメラ持参で出勤したのにお昼に持って出るのを忘れてしまったのでランチの写真は残念ながら無し。
久しぶりの中華ランチはとっても美味しかった。とっても美味しかったけれどやっぱりお弁当よりは「重い」らしくて、何時までたってもお腹が空かない。夕方になってなんとなく甘いものが食べたいなとは思うものの、とても胃が受け付けてくれそうも無い。空気が乾燥し始めて、のどがいがらっぽくなると口にする飴も食指が伸びなかった。中華料理の威力を改めて感じるランチだった。

昨日から作業を開始していたお客様に配るための日本語資料作り、商品の魅力を過不足無く適切な言葉でお伝えしたいと思えば思うほど深みにはまってしまってなかなか思うようなものにならない。デザインの能力も足りないのだろうけれど、これまで使ったことの無いパワーポイントで作り始めてしまったものだからますます深みにはまってしまう。
それでもここで投げ出したらきっとこの先もパワーポイントを使いこなせるようにはならないだろうと思うので文字通り悪戦苦闘しながら何とかそれらしいものを。
こういうことをやっていると時間はどんどん過ぎて行き、またまた2時間近く残業してしまった。

普段なら2時間も残業すればお腹が空くはずなのに、少しも空腹感が無い。それでも何か口にしたい気持ちはあったので、同僚Kさんと一緒に近所のお店に。
彼女は食事を、私はお茶をということで選んだのはカフェ・ラテ

a0069195_0281219.jpg写真で見るとそれっぽいけれど、これが大失敗。
中国でよくある「三合一」(コーヒー、砂糖、ミルクがひとつになっているインスタント)にスチームドミルクが乗っている。
甘くないものが飲みたかったのにな・・・。
コーヒーカップ一杯の偽カフェ・ラテを飲んだらますます胃が重くなってしまった。
[PR]
by lingyangnai | 2006-10-26 00:36 | お外スウィーツ


<< 【たまごサンド】手抜きの結末 お休み >>