【バゲットサンド】信じる強さ

昨夜のBlogに「勝手に~する」という言い回しはネガティブな意味を含むか否かということを書いたところ、今日は数人の方からメールをいただいた。満場一致(?)で「明らかに否定的な意味を含む」とのこと。自分の日本語の感覚が「普通」だということが分かってちょっと安心。
更に夕方、職場で普段はお目にかかることの無い日本人スタッフの方々と業務上の相談事あれこれ。これまた中国の「当たり前」と日本・日本人の「当たり前」のはざまで悩んでいる内容だったので
「わが社が目指しているのはこの国の当たり前ではなく、それを通り越したレベルのもの、あなたの言っていることに近いものですよ。」とおっしゃっていただき進むべき方向性が見えてひと安心。

当たり前だと思うことはもちろん人それぞれ異なるのだとは思うけれど、最大公約数的に「そんなの当たり前でしょう?」と思う範囲、「常識の範囲」というのは存在するというもの。しかし一方で自分が「当たり前」と思っていることがあっさりと、しかも自信満々で否定されたりすると「やっぱり私がおかしいのかしら?」と自信が無くなることが多々ある。

「当たり前」のことを知るためには常に色々なアンテナをフル稼働して、最大公約数的に求められるレベルや許容の範囲を理解しておくということが大切だということを改めて実感したし、自分自身の「当たり前」の感覚をもうちょっと信じてみても良いのかもしれないと感じた。
自分自身を信じるには目に見えない部分での努力も大切だし、精神的な強さも必要。
努力なくして自分自身を信じることなんて出来ないのかもしれないね。
周囲に自信たっぷりな表情や態度で「それは違うんじゃない?」「そうですか?私にとっては当たり前ですけれど」と言われた途端に自信がなくなるのはやはりまだまだ自分自身を信じるだけの努力をしていないということを心の片隅で私自身が知っているからかも。

自分自身の「当たり前」を信じられるように、今よりほんの少し努力をしてみよう。

a0069195_22394234.jpgそんなことを考えながら日中いただいたメールのお礼やら業務連絡のメールなど2時間半ほど残業をして帰宅。お腹は空いたし目は痛いし、連休中に朝食用のパンを買ったマンション敷地内のパン屋さんで夕食を入手

・バゲットサンド(チーズ、ハム、ピクルス)
先日買ったデニッシュ類も美味しかったけれど、このバゲットもなかなかのもの。
パンがきちんと美味しいので具が控えめなのも嬉しいところ。
[PR]
by lingyangnai | 2006-10-13 22:58 | おうちご飯


<< 【唐揚弁当】盛りだくさん 【鶏蛋炒青芛】金曜日! >>