【ウイキョウ風味のソラマメ】博物館で食す

両親の北京旅行初日は朝から天津へお出かけ。
先ずは周恩来記念館を見て、溥儀の故居へ出かけ・・・って故居はあいにく参観禁止。
楽しみにしていたのに・・・。
a0069195_0552393.jpgそしてお昼ご飯はアンティークの美術品コレクションが1万点というレストラン。
こういう「美術品」が店内至る所に飾られている。個人的な好みから言えばズラ~ッと並べてあるよりは厳選したものが少しずつ展示されているほうが上品だし控えめでで素敵かな・・・とは思うのだけど。





a0069195_11711.jpgそして食したものは
・ウイキョウ風味のソラマメ

a0069195_134981.jpg・揚げたネギ入り花巻
このほかお豆腐料理や野菜の炒め物、煮込みスペアリブなど。

お料理は全般的に甘めの味付けでもちろん美味しいのだけれど、ビックリするほど美味しいというほどではなく、盛り付けが目を奪われるほど美しいと言うわけでもなく、素材の組み合わせに感嘆すると言うことでもなかったのがちょっと残念。












a0069195_1181287.jpg・周恩来の専用機とか

a0069195_1201836.jpg・旧租界のヨーロッパ風な町並みとか

天津、街並みの一部分を切り取って見る限り悪くないのだけれど、まだまだ街全体では北京から遅れること10年近いイメージかな・・・。
北京でも閉口気味の交通マナーの悪さ、天津に比べれば上出来!
[PR]
by lingyangnai | 2006-10-02 22:26 | お外ご飯


<< 【四川火鍋】汗をかいて火を噴いて 【台湾風あれこれ】北京到着の夜 >>