【台湾風あれこれ】北京到着の夜

両親が北京にやってきた。北京旅行の楽しみの1つは美味しいものをたくさん食べること。
ガイドになる私にとってもやってくる人たちが「美味しいね~」と笑顔になるのは大きな楽しみのひとつ。お互いの利害が一致することもあり、到着時刻は21時半と遅くても「機内食は控えめにしてね!」と釘をさしておき、自分自身も日中は極力食べ物を控えてお腹を空かせておく。

そして無事到着の後はいったん自宅に戻り荷物を置いて、夜中でも食事が出来るレストランに出掛けた。

a0069195_1453167.jpg・冷菜2種
時間も時間だしと比較的あっさり目のお料理をいくつか選んでオーダー。
日本からやってくる人たちが異句同音に言うこと、「野菜が美味しい」。
そう、日本と比べて野菜の味が濃いことは間違いの無い事実。

a0069195_148177.jpg前回旅行でやってきた従姉が「夢に見ちゃったのよね」と言ったのは
・青菜の炒め
親戚筋にはいたく人気の青菜炒め、山盛りでお見せするのはあまりにお気の毒なので
皆様用に「最後の一口」を。
今日の青菜は油麦菜

これから数日、両親と共にあちこち歩きながら美味しいものをあれこれ楽しむ予定。
まず明日は天津へ。
どんな美味しいものが食べられるかな?
[PR]
by lingyangnai | 2006-10-02 01:51 | お外ご飯


<< 【ウイキョウ風味のソラマメ】博... 【野菜&ピザプレート】疲れた~ >>