【スープ餃子】体を温める

今年の立秋は8月7日、先日は秋が来たことを実感させる青空の写真まで載せていたくせにやってしまった・・・。何をやってしまったかって?風邪。
以前の仕事の時には住まいと事務所がお隣、地下通路を使えば屋外へ一歩も出ずに出勤することも可能だった。

今回は事務所と自宅とが徒歩で約20分。遠くも無ければ近すぎもせず調度いい距離だと思うのだけれど、何分にも20分歩くと汗をかく。この「汗をかく」というのが曲者。
事務所のデスクは空調の吹き出し口の真下。事務所に着いて汗がどっと吹き出ているところへ冷房の冷たい空気が降ってくる。たちまち汗は引いて全身が冷えてしまう。
昨日は一日くしゃみをしつづけ、今日は頭痛が止まらなくなってしまった。
そうは言っても新人、ちょっとやそっと体調が悪いくらいで休むなどとんでもない。
(当たり前だけれど有給なんて便利なものも無いしね)

ともかく体の芯に入り込んだ冷房の冷気を追い出すことと薬を飲んでさっさと寝ること。
冷気を追い出すには温まること。薬を飲むためには食事をすること。
久しぶりでお鍋を使って夕食。

a0069195_22241589.jpg・ほうれん草の入ったスープ餃子
最近まとまった食材を買ってきても腐らせてしまうことのほうがずっと多い。
そうかといって食べるものが何も無い状態はやはり心もとない。
ということで先日冷凍餃子を3種類買っておいた。3種類を大きな保存袋にまとめて「どれが当たるかはお楽しみ」状態に。
お湯を沸かして餃子を投入、鶏がらスープの素もちょっと入れて仕上げにほうれん草とごま油、生姜の絞り汁。

さ、後はさっさと寝るだけ。
[PR]
by lingyangnai | 2006-08-24 22:27 | おうちご飯


<< 【イタリアン】久しぶりで勢揃い 【ぬか漬三昧】お弁当初日 >>