【鳥の照り焼き丼】緊張の一日

昨日夕方、突然に本社への出勤を命じられた。
今月一杯は研修だと聞かされてもいたし、自分自身もそのつもりになっていたから文字通り「寝耳に水」の出来事。
昨夜は混乱と緊張とで外が明るくなる頃まで眠れなかった・・・。

この国の人たちに「計画性」を求めても無理だということ、頭ではわかっていてもそれがわが身に降りかかるとやはりそれはそれで厳しいものがあるのね。
せめてもう少し早く、そう1日でも良いから「明日はこちらだけど、明後日からは本社ね」と連絡して欲しかった。
全くの新しい環境で、新しいことに取り組む時、中国人だって緊張くらいするだろうに・・・。
中国人の集団の中に飛び込んでいく日本人だって同じように緊張するのよね。

a0069195_23247.jpg初日の本日、みんながあれこれと世話を焼いてくれ、気づいたときにはお昼ご飯の手配までしてもらっちゃった。
・中華風の鶏の照り焼き丼
そう、みんな悪い人ではないのね。
でも、みんなは自分の国にある日系企業で、中国人だけで、母国語で、中国人を相手に仕事を進めている。
おそらく「日系企業とは言いながら中国人しかいない(しかも日本語が話せる人は一人もいない)環境の中に、半日前に突然命じられて飛び込んでくる、中国語が怪しい日本人」の心境なんて想像がつかないのだろうね。
徐々に慣れるしか術は無いのだけれど、到着早々予想もしていなかった任務が与えられてパニック!!
[PR]
by lingyangnai | 2006-08-18 20:29 | お外ご飯


<< 【野菜のパスタ】もったいないお化け 【レンコンの炒め物】病弱なお子 >>