【野菜色々和洋中】太慢!!!!

本日のキーワードは「慢」
(ちなみに「慢」、日本語だと「(動作などが)遅い、ゆっくり」の意味になります。)

昨夜1時過ぎまで頑張ってみたけれど、書き散らしてある授業のメモからノートをまとめる作業すら終わらなかった。前日の寝不足も手伝ってどうにも起きているのがしんどくなってしまったのでいったん作業を中断、4時半まで仮眠を取って復習再開。
でも、理解のスピードがあまりに遅くて、やはり出発までには全てを復習し終えることが出来なかった。本当は復習だけじゃだめなのね。復習をしつつ更に理解が必要だと思われることは調べ、覚えるべきことは覚えないと・・・。
ともあれ、テストを受けないわけには行かないので急いで身支度を整え出発。

テストに目を通してみれば、あろうことか自分の理解していることを記述する出題が2問も!
先生、私自身のOSは(多分Win3.1くらいのレベル)日本語版です・・・。
中国語での記述にトライはしてみるけれど頭の中にあることの20%しか表現できない。
あ~、情けない。情けないけれどまずはダメモト、先生が日本語は分からないことは重々承知しているけれどそれでも誰か日本語が分かる人がいればそれなりに目を通してもらえるかもしれないからと日本語でせっせと解答。
全く復習が出来なかったところはあてずっぽうに書いて「運良く当たり!」というのは嫌だったので敢えて空欄のまま提出。
果たしてどんな結果になることか・・・。

今の復習速度はあまりにも「」、もうちょっとサクサクと復習を進められるようにならないとね。

無事に(?)午後の授業も終わり、いつもはみっちり復習をしてから帰宅するけれど、週末に部屋の掃除が出来なかったことが気になり、スーパーで買い物をして帰宅することに。
ご飯を炊こうか、引き続きパスタにしようか・・・今ひとつ働かない頭で夕食を考えながら「とりあえず」必要なもの3点だけを籠に入れてレジへ。
どのレジも同じくらい人が並んでいる。皆さんの手元を見て比較的お買い上げの少ない人たちの列の最後尾に。ところがこれが大失敗だったらしい。

レジの女の子の仕事がとっても「慢」!単純作業に関して言えば2つの動作を交互にするより1つの動作を繰り返し2回行うほうが速い。ところが彼女は商品を1つ打つと袋に入れ、また1つ打つと袋に入れ。しかも目の前にあるものから順序を考えずに打っていくから籠の下のほうから重たいものが出てきたりすると今まで入れたものを全て出してまた袋に入れなおすか、新しい袋を取り出して別に詰めるか。これじゃ遅いはずだよ・・・レジを通すなら全ての商品を通してしまって後からまとめて袋に入れたほうが速いんだよね。どうせお客さんはお財布をひっくり返して現金を出すはずなんだからその間に袋に詰めればいいじゃない!
しかも、額面の大きいお札を渡されるとしげしげと眺めて、あれこれいじりまわして、最後に偽札検査機に通してやっと会計。まずは出されたお金を金種別に収めてからおつりを渡している、ダメだこりゃ・・・。ため息をついたところで周囲の中国人も堪忍袋の緒が切れたらしい。
「あなたの仕事は太慢(遅すぎる)!」

これが日本なら「申し訳ありません!」と謝って少しでも速く作業を進めるべく努力するところだけれど彼女は表情1つ変えない。肝が据わっているというか、神経が太いというか誠に天晴れ。

3点の買い物、時間にして10分足らずでレジに並んだはずなのに自分の順番がやってきたのはそれから30分後だった。3点の商品のうち1点どうしてもバーコードの読み取れないものがあった。
「もういい、申し訳ないけどいらないからさっさと会計して」
私のこの言葉が引き金になってしまったのか、列の後ろに並んでた人が口々に怒り出した。
「一体どれだけ時間がかかるんだ!仕事が遅すぎる!!」
「ここの責任者を出せ!」
「他のレジも開けろ!」
レジの彼女は私の渡したお札を握り締めたままお客をにらみ返している。
「申し訳ないけど、早くしてくれない?」

やっとこ会計を済ませてスーパーを出たのは入店から一時間近く経ってから。
勤務先から歩いて立ち寄れて、スーパーの目の前にはたいていタクシーがいて、ここで買い物をしたらさぞかし便利だろうと期待していたのに、これじゃあ使えない。
なんたってたった2点の買い物が1時間!! 太慢!


やっとこ買い物を終えてタクシーに乗り、自宅マンションの名前を告げた。
「好!(分かったよ!)国貿の近くのあれでしょう?」
「そうそう、現代城の北側ね」
いいお返事が返ってきてこれで一息と思ったら
「どうやって行く?どの道路を走ればいい?」
「一番速い方法がいいんだけど、この時間なら四環路も渋滞して無いでしょう?」
「好!」

いいお返事の割にはスピードが遅い、メーターを覗き込んでみれば40キロ。
確かに目の前に大きなトラックが走ってはいるけれど、左の車線は空いてるんだから何もトラックの後ろを着いていかなくても・・・と思いつつ狭い一般道のこと、まもなく四環路に乗ればスピードもアップするでしょうと黙っていた。
程なく四環路に乗って、これでスピードアップと期待している割にはやはりちっともスピードが上がらない。相変わらず50キロに満たないスピード。うっかり「もっとスピード上げて」と言って命の危険を感じるほどスピード上げられても困るしどうしたものかと思っていたら、あろうことか車線変更をして出口に近づいていく。
「ここで出るんだよね?」
え?行き先を告げたときにあなた「好!」って言ったじゃない!
「好」と答えた人が、しかもランドマークになる建物の名前まで言えた人が行き先がわからないなんて事はあるわけが無い。私が住んでいるのはここからまだまだ先、最低でも5つぐらいは先の出口なんだけど・・・。ひょっとして走ろうとしている経路が違うだけ?
「このまま現代城のところまで四環路を走って!もうちょっとスピード上げてもらえないかしら?」
先ほどのスーパーでのイライラが冷めないうちにまたしてもこの調子で、疲れも一気に倍増。「まだまだ先」の言葉で安心したのかタクシーはちょっとだけスピードアップして60キロ。
後ろからやってくる車にクラクションを鳴らされながら何とか目的の出口まで。
「この出口で四環路を出て」と告げると
「ここじゃなくて次でしょう?」
ちょっと!!右手に「SOHO現代城」って大きくネオンが光ってるじゃない!
「いや、いいから出て。自宅に戻るんだからあなたより道は分かってる」
四環路を降りたとたん車はまた時速30キロ、も~本当に「慢」だよ!
それでもやっと自宅の入り口が目の前に見えてきた。ところが最後の最後にまたやってくれた。
「目の前の看板が出てるところを右に曲がって」
「好!!」
ものすごくご機嫌で運転手はにハンドルを切った。

も~ダメ。怒り爆発!
「ちょっと、行き先がわかる振りをして実際は分からない、更に右と左の区別もつかないの?
左右の区別は子供だって知ってるでしょ!後は歩くからさっさと下ろして!!!!」

いつもは20分ぐらいで帰り着く道のり、なんと40分近くかかってしまった。
これじゃ出勤ラッシュの時間帯と同じじゃない・・・。
全く「慢!!!

部屋にたどり着いた頃にはもう夕食の支度をする気力は皆無。
週末に準備しておいた「冷蔵庫を開けたら食べられるもの」を適当に。
a0069195_23223555.jpg・キャベツの浅漬け
・野菜のマリネ
・お豆腐
久しぶりに復活させたヌカ床。今日は新たにきゅうりを投入。古漬けになってもおいしいもんね。

a0069195_23252272.jpgちなみに本日のお昼はこんな感じ。
・ちんげん菜と春雨の炒め物
・豚バラとジャガイモの煮込み
・トマトと卵のスープ
・饅頭
お肉のお料理はやっぱり味が濃いのね。午後の授業はのどが渇いてやたらとお茶を飲んじゃった。
[PR]
by lingyangnai | 2006-08-14 23:42 | おうちご飯


<< 秋の空と日本製品 【カラフルパスタ】分からないあれこれ >>