【オクラ】「当たり前」の違い

リフレッシュのための長期休暇(?)も今週が最後。ともあれ新居のあれこれをなんとしても今週に片付けなくては・・・。
これまで暮らしていた長富宮公寓は日系の老舗公寓、開業以来15年の時間が流れているだけにスタッフの経験もあるし、サービス精神も旺盛。
今度のマンションは築2年目、この部屋に関して言えば私が最初の入居者。誰も暮らしていない新しいお部屋への入居で気分がよかったのも一時帰国まで。
これまで「当たり前」だったことがどれほど恵まれていたのかを痛感する日々。

本日午前中、デスクトップPCをADSLに接続するために長女の所の技術者さんに来てもらった。あれこれやってくれるのにどうも様子がおかしい。ひょっとしてPCに問題あり?
「PCに何か問題があるの?」と尋ねるとそうではないという。ADSL開通に際して割り当てられているユーザー名とパスワードがいつも見るものと違うという。「????」。
こうなるともう私の手には負えない話なので物業(管理部門)に電話をし、直接問い合わせをしてもらう。電話を切った後もあれこれ、しかし問題が解決した様には見えない。どうやらもうしばらくすると物業のインターネット関連担当者がやってくるのだという。

一方、新品の液晶テレビもケーブルを壁のアンテナに差し込んでも何も映らない。
これまた物業に電話をして設定に来てもらう。テレビの電源を入れて何も映らない画面を見て、リモコンを手にして
「このリモコンが問題だ!」
え????リモコンの問題なの?だってリモコンで電源入れたじゃない!
そう指摘すると電源以外の操作ができないと言い出す。すでに用意してあった説明書を手渡すとあれこれいじりつつ自分が持ってきた「お道具」で何かを調べ始めた。
玄関口の各種配電盤やらケーブルが収まっている箱を覗いてまたテレビのところへ戻ってくるとやおら壁に埋め込まれているアンテナの蓋をこじ開けている!
聞けばアンテナに問題があるのだという。

「なんだ・・やっぱりリモコンの問題じゃないんじゃない」

そうこうしているうちにインターネットのほうの担当者もやってきてこれまた玄関口の箱を覗いている。で
「午後もう一度くるから」
ちょっと待て!何が原因で、なぜに午後なの?
聞けばADSLの開通手続きはしてあるのに、実際には開通していないとのこと。
しかも責任者は肝心な場所の鍵を持ったまま外出中で午後にならなければ帰らないという。
日本語OSのPC,設定できるの?と思いつつも了解せざるを得ない状況。

午前中は家事にPCとテレビの設定、午後は買い物と予定を立てていたのに外出できなくなっちゃった。
そういえばガスのカードもまだ連絡無いな・・・。

「日本の常識は世界の非常識」とは全くよく言ったもの。
これまで「留守にしてるけど直しておいて!」で済ませてくれた長富宮公寓もすばらしい。
なんだかとってもサバイバルな気分。

a0069195_1413281.jpg・オクラ
・浅漬け
・玄米雑穀ご飯
・インスタントのお味噌汁

朝6時に起きて、用事が済み次第外出!と意気込んだのもつかの間。
なんだか一気に力が抜けちゃった。
お昼ごはんもとっても脱力~な物ばかり。
[PR]
by lingyangnai | 2006-07-24 14:05 | おうちご飯


<< 【沸騰888】土砂降りゴルフ 【浅漬け】リハビリ期間と在庫の整理 >>