【ビール&イタリアン】5日ぶりの食事

4年9ヶ月暮らした長富宮公寓からいよいよ引越し。
かつてこの公寓に勤務させていただいたこともあり、スタッフはみんな顔見知り。
何が寂しいって、彼・彼女達と日常的に会えなくなること。
引越しのご挨拶をしながらうっかりすると涙がこぼれそうになる。
みんなこれまでいろいろ心配りをしてもらって、本当にありがとう。これからの生活はある意味本当に「自立」が必要。今まで電話一本、伝言一言で処理してもらっていたあれやこれやをすべて自分で処理していかなくちゃ。ゆっくり、あせらずに成長していこう。
どうしても困ったら、どうしても自力で解決できなかったら、その時にはみんなのお言葉に甘えさせてね。

さて、1日以降、引越しの準備を進めつつ個人的にもあれこれと動きまわっっていて、ずっと1日1食、しかもコーヒーと菓子パンというような「エサ生活」。
「引越し、夕方以降なら手伝いにいけるよ」という友人の言葉に甘えて「5日ぶりにきちんとした食事をしたいから夕食に付き合って」とお願い。

朝から飲まず食わず、新居の片付けの最中はあまりにのどが渇くも、手を止めて買い物に行くのが億劫だからと氷をなめつつ片付け。
今日の北京はインターネット上の天気予報では「最高気温30度」だそうだけど、実際は35度をゆうに超えているはず。氷をなめたところで焼け石に水状態。

a0069195_2249503.jpg・イタリアンいろいろ

乾杯のビールが美味しいこと!
いつもなら「ベジタリアンですか?」といわれるようなメニュー中心なのに、やっぱりお腹が空いてたのね。ビールと相性ばっちりの「肉食系」のメニューになっちゃった。

今夜は家具搬入の都合上、新居に泊まることはできず、空っぽになった長富宮公寓の部屋で最後の一夜。
約5年慣れ親しんだベッドでぐっすり眠ろう。
[PR]
by lingyangnai | 2006-07-06 22:58 | お外ご飯


<< 【IKEAサンド】引越し貧乏 【不思議なサラダ】卒業祝い >>