【四川料理】これは一体・・・

午後もあれこれ観光。
世界遺産の颐和園、そしてお隣の円明園へ。
一般的な観光なら颐和園がメインになるのだろうけれど、本日のメインは
円明園の迷宮a0069195_1246422.jpg
・さあ、頑張って!!
いわゆる「迷路」。手元のガイドブックによれば中秋節に皇帝と妃達が灯りを持ってこのなかで入り戯れ、中央の亭でお月見をしたとか。
薀蓄を紐解けばなるほど、巨大で難しい迷路を作るわけには行かなかったのね。


a0069195_12494651.jpg
少し離れたところから全体を見ていると面白い。
迷路へ入っていく人たちの99%以上が迷路の右半分にいて、左半分を歩いている人は全くと言って良いほどいない。
初めて円明園に遊びに来た時にはこの迷路が小さいのに思うほど早く亭までたどり着けなかった記憶があるけれど、今日の皆さんは優秀優秀。
あっという間に亭まで行って、あっという間に戻ってきた。
私の隣では「○○ツアーの皆さん出発時間です!早く戻ってきてください!!」と叫びつづけるガイドさんが。


a0069195_1257396.jpg気づいてみれば今夜の夕食が「最後の晩餐」、早かったね~。
最後の食事に選んだのは四川料理。
中国ならではの食材や、調理法のものを選んでオーダー。
辛いものを食べるとビールが進む進む!!


a0069195_1311352.jpg
ラー油に漬かった「夫婦肺片」にはビックリのご様子。
まだまだビックリのお料理はあるけれど、辛いものばかりはお腹が痛くなっても困るからね。
最後の「坦坦麺」は気に入っていただけたようでよかったわ。

また美味しいものを食べに出かけてきてね!!
[PR]
by lingyangnai | 2006-05-06 22:41 | お外ご飯


<< 【涙のお別れ?】合格しました 【紹興料理】面白そうだけど難しい >>