幸せになるために

まだまだ先のことのような気がしていたけれど、ついに次女の帰国の日が来てしまった。
自分の周囲の人たちが結婚するときに必ず贈る言葉がある。
「『ありがとう』と『ごめんなさい』は惜しみなく!!」
生まれてこの方大人になるまでまったく別々の環境で育ってきた他人同士がある日を境に一緒に暮らし始めるということは実はとても大変なこと。
結婚はもちろん幸せなことだけれどいつでもどこでもHAPPY というわけではない。

学生生活や社会人生活のように簡単に結果が出るものではない。
だからこそ結婚生活は大変だけれどその大変さを凌駕してなお余りあるほど幸せなのだと思う。

a0069195_18315632.jpg私自身はそのことに気づかず短い時間で結婚生活を手放してしまった。
もちろんそのことを後悔しているわけではないけれどとても反省はしている。
次女、たま~に北京に里帰りするのはいいけれど、独りで北京に戻ってきちゃだめだよ。
必ず幸せになるんだよ。
次回日本で会うときには今まで見たことのないようなとびっきりの笑顔の次女に会えることを楽しみにしているからね。


a0069195_18355765.jpg今回は彼女が幸せになるためのお別れ、涙ではなく笑顔でお別れ。
笑顔で見送った後は急にお腹が空いて
・マレーシア風チャーハン
タイ米で作られていたらもっと美味しかっただろうな~
[PR]
by lingyangnai | 2006-05-03 18:40 | おうちご飯


<< いよいよスタート! ついに空っぽ >>