エネルギーを削ぐもの

調子の良かった数日前に、某会計事務所の方から「お茶を買いに行きたいんだけど・・・」とお声掛けいただいており、自宅のコーヒーもちょうどなくなったことだし、事務所のお茶もないというし
「ご一緒しましょう」とお約束していた。

もちろん普段は職場でお目にかかるのでお互いにスーツ姿だし、こちらもお化粧している。
なのになのに、今日はとてもじゃないけれど「お化粧」が出来る状態ではない。
朝ほどではないと言いつつもやっぱりまぶたは腫れているし、顔中痒い。

驚いただろうな~、Iさん。
いきなり丸っきりのスッピン、おまけに薬を塗っているから顔中テカテカ。
ごめんなさ~い、失礼だわよね・・とは思いつつもあれこれ説明するのも憂鬱になるくらい
痒くて仕方ないのです。

日本出張のお土産になさると言うお茶を買い、私も無事にコーヒーを買い、
夕方戻ってきたけれど、気が緩んだ途端またまた「痒い痒い」が始まってしまう。
あ~、ダメ。薬のせいなのか何なのかまぶたの奥も痛いし。

億劫だな~と思いながら「野菜を食べないと」と夕食の支度を。
とてもとてもあれこれ作る気分にはならなかったので、極々簡単に。
a0069195_22524786.jpg

・土鍋のごはん(うなぎと大葉)
・浅漬け
・お味噌汁(玉ねぎ、スナップエンドウ、ほうれん草)

「痒さ」がこれほどまで人の「やる気」を削ぐとは・・・。
第一に、症状が出ているのが顔、お化粧も出来ないし
人に会うのが気が引けて、外に出る気になれないのよね。
[PR]
by lingyangnai | 2006-04-01 22:57 | おうちご飯


<< 影響大? 長女とパスタ >>