紅茶と鉄観音相場

本日は自分のための「お買い物デー」。
既に手配を頼んである小型ノートPCのピックアップを兼ねて母と2人で横浜へ出かけた。

デパートの中をあれこれ、試着などして遊びながら買い物を済ませる。あらかた買い物が済んだところで「お茶でも飲もうか。何がいいかな?」とデパートの売場案内を見るとまさしく今いる階に「中国茶房」がある。これまた冷やかしに覗いてみると中国茶各種がとんでもない値段で販売されている。興味本位で一番上等の鉄観音の値段を確認してみると10gで800円近い値段がついている。ということは1斤で4万円近い!!
母には冗談で「次回からはここの価格に準じて売るからね」と笑った。
ちなみに昨年春の洪水で春と夏に収穫される鉄観音は大打撃を受けた。良いお値段のお茶を試飲してみても苦味が強くてとてもとても「美味しい」といえるようなものではなかった。秋の鉄観音はそのあおりを受けて価格が高騰、数年来お付き合いをしているお茶屋さんが私だけに出してくれる「特別価格」でも1斤1300元、例年の値段から考えたら十分にとんでもない価格ではあるけれど、それでもこの茶房で売られている茶葉の価格から考えたら破格のお値段。
母に日本の実勢価格で売ったら大もうけが出来てしまう・・・。

「中国茶はやっぱり家で飲んだほうが美味しいものが安く飲めるね」と笑って別の喫茶室でティータイム。
a0069195_2152115.jpg

・紅茶とケーキ(栗と黒豆のお煎茶クリームロールケーキ キャラメルクリームのりんごケーキ)

紅茶を目の前にしてふと気付いた。
元来コーヒー好きだったはずの父がコーヒーを飲んでいるのを見かけない。母に確認するとやはり自宅で飲むのは中国茶一辺倒になったらしい。

毎回頑張って4キロ近いお茶を運ぶ苦労がチョッと報われたような気がした。
[PR]
by lingyangnai | 2006-02-01 19:08 | お外スウィーツ


<< 妹の緊急避難と一番のご馳走 ミニ同窓会 >>