日本のティータイムと同窓会

今日は早めのお昼を築地場内で。それはそれはそれはそれは美味しいお寿司だった・・・。
自分達も寒空の下30分以上並んで入店、後にはやはり同じように寒空の下待っている人たちがたくさんいる。こういうときにはとにかく早く切り上げるのがマナー。
写真は残念ながらお預け・・・

築地のお寿司、小さなカウンターだけのお店で色気はないけれど、お味のほうは本当に素晴らしいお寿司だった。
エビやホタテは瑞々しさも一際、やわらかいのに締りのあるその身は濃厚な甘味を湛えていて、
追先ほどまで命があった事を実感させる美味しさ。更にわさびと海苔のお味も北京のそれとは全く異なるじつに美味しいお寿司だった。

その後銀座へ移動してティータイム。
a0069195_2221543.jpg

盛り付けもきれいなら、コーヒーも美味しい。
オレンジリキュールの入ったコーヒーを選んだので、オレンジと相性の良いチョコレートのケーキを戴いた。

そして夜は本日のメイン。大学の日本語教師養成講座の同窓会に卒業以来初めて参加させていただいた。
a0069195_2242267.jpg

まんま 飯田橋店にて

こういう「居酒屋」に入ったのも数年ぶり、日本語教員としてのいろはをご教示くださった先生方とお目にかかったのも卒業以来。
在学途中に開講されたこのコース、今回の一番お若い参加者は昨年春の卒業だという。
お子さん連れで参加される方もあって、改めて自分がどのくらい年齢を重ねたのかを思い知らされた。

当時教えていただいた沢山のことが、現在の生活に直接役立つという事は少ないけれど、それでも、「外国人に日本語を教える経験」をされ、「外国人に日本語を教えるプロを養成」していらっしゃる先生方から得るものはやはり大きい。
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-28 22:24 | お外スウィーツ


<< 絶品イタリアンと特別プロジェクト 店長との甘いひと時 >>