食べ合わせと記憶力

昨日のお昼友人のリクエストにより飲茶を楽しむべく待ち合わせをした。
お店はお気に入りの凱悦酒家。チョコチョコっとアドバイスをしながら彼女のセレクトで点菜、こんなに美味しそうなものが並んだ。
a0069195_18544091.jpg

・海老餃子、湯葉春巻きなどなど

なのになのに・・・・
元日の夜からの激しい胃痛で口に出来たのはおかゆだけだった。


こんな私を見て彼女が思い出した。
「そう言えば、留学生寮にいた頃にもこんなこと有りましたよね。5~6人で食事して、みんなはなんでもなかったけどさんじょさんだけが胃が痛くなって寝込んだこと・・・」
彼女の記憶力に感心しきり。そう言えば、01年のお正月もベッドの中で過ごしたことを思い出した。今回も彼女は全く問題なし。美味しく食べて満足して、ぐっすり寝られたそうだ。

お店の名誉のためにも、それぞれのお店に問題があったのではなく、元日の私の体調とお店やメニューの組み合わせが合わなかっただけ。

暴飲暴食をしても太る心配だけでよかったのは若い頃の話、今はこういうことにも気をつけなくちゃいけない歳になったのだと改めて痛感。
おかげでお気に入りの飲茶は楽しめないし、昨夜予定されていた会食も泣く泣くキャンセル、本日もまだ断食中・・・
[PR]
by lingyangnai | 2006-01-03 19:08 | お外ご飯


<< 日本のお正月 お節にも負けない美食三昧 >>