全てゴルフのおかげです

今夜は長女夫妻と「お家でしゃぶしゃぶパーティー」。

9月半ばに開催された「宮本屋杯」のブービー賞でいただいたEN家チケットで
美味しいお肉をた~んと食べよう企画。

事前に「お肉を食べよう企画」のメニューはどうしようかと散々迷ったが、100元分のお肉を食べるには相当良いお肉ではないと大量になってしまう。
「肩ロース塊でチャーシューと味噌豚を作って食べるのはどう?」と持ちかけたが、
EN家の方に笑われたそうだ、「豚の肩ロースを100元分も買ったら冷蔵庫いっぱいになりますよ」。
野菜に比べてお肉は高いとはいえ、やはり中国の食材は安い。

やはりここはすき焼きorしゃぶしゃぶの選択、主婦2人の意見はあっという間に一致した。
「後片付けが楽なしゃぶしゃぶにしよう!」

メニューが決まれば話は早い。
長女にはジャイアント忘年杯で手に入れた電磁調理器を持参してもらい、楽しい美味しい、ゴルフ様様の「しゃぶしゃぶパーティー」になった。
a0069195_1544986.jpg
・しゃぶしゃぶ
・レンコンのサラダ
・豚キムチのおにぎり
・食後にマンゴープリン

張り切って昆布とかつおで出汁をひき、
市販のポン酢とゴマだれの他にニラだれを用意した。
更に「野菜もいっぱい食べたい」ということで白菜、春菊、ほうれん草のほか
火が通りやすいようにピーラーで薄くそいだ大根とにんじんも用意した。

満足満足♪

しかしながら、こうして「食べてくれる人」がいる料理というのはつくづく楽しい。
自分ひとりの「お家ご飯」は気楽でいいけど作る張り合いが無い。
更に会話の有る食卓というのは本当に楽しい。

長女夫妻にご足労いただいたおかげで1番だしもたっぷり、ついでにしっかり風味の2番出汁もたっぷりひいた。

いつか再び、私が「食べてくれる人」「一緒に食べる人」のいる生活に戻ることはあるのかしら・・・
出汁をひいた後の昆布と鰹節の佃煮を煮ながらふとそんなことを思った。
[PR]
by lingyangnai | 2005-12-11 02:08 | おうちご飯


<< 夜更かしの後のブランチは・・・ 休日ブランチ >>