食べられるだけいいじゃない

結局、胃は一日中「キュ~ン」と「しくしく」を繰り返していた。
体の外側から胃の存在を感じるのって何時以来だろう・・・と思い返すと
新疆へ旅行に行き、最後の晩に食べた餃子を焼いた古い油にあたって以来。
かれこれ5年も前の話だ。あれは思い出すだけでも辛くなっちゃう。
とにかく余りの辛さに「病院に行く」事が出来なかったのだから・・・。

それを思えば今回は「食べることが出来るだけずっといいじゃない!」と慰めつつ
a0069195_21134596.jpg

・もう一回サツマイモ入りのおかゆ
・筑前煮の中から消化のよさそうなものだけ選んで
・ジャイアントの皆さんにいただいた「おかか」

明日のゴルフの練習でjiejieめんにおすそ分けするつもりで数日前から筑前煮の準備をしていた。おとといは「高野豆腐もどき」をつくり、昨夜からは干し椎茸と腐竹を戻しておいた。お昼休みにおかゆを炊きながらバタバタと根菜類を処理してお鍋いっぱいの筑前煮(鶏肉抜き)を作った。午後いっぱい普段は使い物にならない電気コンロの小さいほうを使って「保温調理状態」で味が染みるように煮込んでおいた。
(普段は文句タラタラだけどこういう時は電気コンロは炎が出ないから便利ね)

夜になったら胃が痛いのも治ると思ったんだけど、
やる気(食べる気?)満々で作っただけに惜しいな~。

明日はまたいつもの「鉄の胃袋」が復活しますように。
[PR]
by lingyangnai | 2005-11-30 21:28 | おうちご飯


<< 「じゃんけんぽん」のトースター どうしたのかな? >>